投稿規程

投稿規程( 2008. 10. 1 制定)

1. 本誌には誰でも投稿することができる。
2. 投稿原稿は、資料組織化に関する論文、調査報告、ケーススタディー、提言、随筆、未定稿、書評・新刊紹介などの未発表原稿とする。また資料組織化に隣接する領域(資料・情報の選択、受入、保存など)に関するものをも受け付ける。
3. 投稿原稿(以下「原稿」)は、標準的なソフトを使用して作成する。提出に当たっては、編集委員の一人宛に電子メールにファイルを添付して送付するとともに、A4判用紙に印刷した原稿をも郵送する。手書きの場合は、市販の横書き 400 字詰め原稿用紙を使用する。
4. 原稿の量的な制限はない。執筆は別添の「原稿の文字の大きさ等について」に拠る。
5. 原稿には冒頭に標題と著者名を、文末に著者名の読みと所属を明記する。別に英文タイトルを添える。
6. 投稿原稿の掲載の採否および順序については、編集委員会で決定する。なお、原稿の一部修正や書き直しを求めることがある。
7. 著者校正の回数の制限は特に設けない。投稿後1月以上経過しても掲載されない場合は、原稿全体の趣旨を変えない範囲で、修正や増補を認める。
8. 原稿および電子媒体は、原則として返却しない。
9. 掲載された論文などの著作権は、本会に帰属する。ただし著者は、本会に連絡することによって、転載・複製・翻訳・翻案などの形で利用することができる。

<原稿のレイアウト等について>( 2008. 10. 1 制定)
1. 原稿は、すべて1段組、横書きとする。
2. 1ページは、40 字、36 行とする。
3. 論文の文字の大きさ等については、次のように記載する。
タイトル・・・14 ポイント(ボールド、上下とも1行空け)
サブタイトル・・・11 ポイント(下のみ1行空け)
執筆者名・・・11 ポイント(右詰め、上下とも1行空け)
章(第1位の中見出し)・・・12ポイント(ボールド、左詰め、上下とも1行空け)
節(第2位の中見出し)以下の中見出し・・・10.5ポイント(左詰め、節に限り上のみ1行空け)
本文・・・10.5 ポイント
4. コラム「カタロガーのメモ」の文字の大きさ等については、次のように記載する。
コラム名・・・10.5ポイント(左詰め)
タイトル・・・12ポイント(ボールド、左詰め)
サブタイトル・・・11ポイント(直ちにタイトルに続け、改行しない) 執筆者名・・・10.5ポイント(右詰め、下のみ1行空け)
39
章(第1位の中見出し)・・・10.5ポイント(ボールド、左詰め、上のみ1行空け)
節(第2位の中見出し)以下の中見出し・・・10.5ポイント(左詰め、節に限り上のみ1行空け)
本文・・・10.5 ポイント
5. 注の記載形式については、自由とする。ただし、編集において一定の形式に整える場合があることを前提とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA