既刊号

2016

No.69(2016.10)

<論文>

蟹瀬智弘. 書誌情報における刷の記録について. p. 1-15. PDF

古川肇.  2016年におけるRDA改訂項目-改訂最終草案に見る-. p. 16-26. PDF

和中幹雄.  FRBR-LRM(FRBR, FRAD, FRSADの統合案)の概要メモ. p. 27-41. PDF

<翻訳>

Dong-Geun Oh著 ; 志保田務, 家禰淳一訳 ; 孫誌衒協力.

国内標準分類法の発展と維持 ; 韓国十進分類法の経験から p. 42-55. PDF

<カタロガーのメモ>

志保田務, 孫誌衒. アジアにおける図書館情報学研究交流の期待:NDCおよびKDCの

検討機会を例として p. 56-59 PDF

 <English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group PDF

<編集委員会より>

 

No.68(2016.3)

<論文>

川瀬綾子, 北克一. 「ツタヤ図書館」の資料区分を検証する その1 : 武雄市図書館、海老名市立図書館の検索・予約システムにおけるジャンル(カテゴリー)指定を手掛かりに. p. 1-28. 本文PDF

川瀬綾子, 北克一. 「ツタヤ図書館」の資料区分を検証する その2 : 武雄市図書館、海老名市立図書館の「こどもとしょかん」検索システムにおけるジャンル(カテゴリー)設定を手掛かりに. p. 29-50. 本文PDF

<カタロガーのメモ>

古川肇. RDAにおける副出記入の機能の継承. p. 51-63. 本文PDF

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group 本文PDF

<編集委員会より>

 

2015

No.67 (2015.11) <論文> 古川肇. 2015年におけるRDA改訂項目 : 改訂最終草案から見た. p. 1-15.  本文PDF

<コラム カタロガーのメモ> 志保田務, 中村恵信, 山田美雪, 石井莉乃, 園田俊介. NDC新訂10版に照応した,関 係テキスト内の部分修正一試案. p. 16-34.  本文PDF

<総目次> 和中幹雄編.「Technical Services」「整理技術研究」「資料組織化研究」「資料組織 化研究-e」総目次 : 創刊号から第66号まで. p.35-51.  本文PDF

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  PDF

<編集委員会より>  

 

No.66(2015.03)

<論文> 古川肇. RDA改訂項目総覧 : 改訂の開始から2014年まで. p. 1-25. 本文PDF

和中幹雄. RDAと国際化 : 個人名の典拠形アクセスポイントの形式をめぐって. p. 26-48. 本文PDF

<正誤表> 正誤表 / 『資料組織化研究-e』 編集委員会  PDF

<English Index> Technical Services / Library Technical Services Study Group  PDF

<編集委員会より>

 

2014

No.65(2014.03)

<論文> 和中幹雄. もう一つの『日本目録規則 1965 年版』批判 : 石田公道の著作論. p. 1-20. 本文PDF

古川肇. RDAにおける音楽作品に関する規定. p. 21-31.  本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

古川肇. RDA における“jurisdiction”という語をめぐって : 法律著作の関連指示子. 32-36. 本文PDF

<投稿規程等>

『資料組織化研究-e』投稿のお誘い / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

2013

No.64(2013.04)

<論文>

古川肇. 著作に対する典拠形アクセス・ポイントの諸問題. p. 1-13. 本文PDF

和中幹雄. 「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性 (3) RDA 本格導入直前の改訂作業について (その2). p. 14-27. 本文PDF

<正誤表>

正誤表 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<投稿規程等>

『資料組織化研究-e』投稿のお誘い / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

No.63(2013.02)

<論文>

古川肇. RDAにおける電子資料に関する規定. p. 1-10. 本文PDF

和中幹雄. 「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性(2)RDA 本格導入直前の改訂作業について(その1). p. 11-31. 本文PDF

<正誤表>

正誤表 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

2012

No.62(2012.04)

<論文>

古川肇. 刊行前後のRDA : RDAの適用への道程. p. 1-10. 本文PDF

和中幹雄. 書誌コントロールの戦後体制に関する覚書. p. 11-23. 本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

古川肇. FRBRおよびRDAに対する疑問再考 : 責任表示と版表示の帰属について.

  1. 24-27. 本文PDF

志保田務. 続・拝啓出版者様タイトルページ等における書誌情報は、分かりよく表現 していただけないでしょうか : 記述精密化の流れのほとりに. p. 28-34. 本文PDF

<正誤表>

正誤表 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会 <English Index> Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

2011

No. 61 (2011.10)

<論文>

古川肇. ISBD統合版における電子資料に関する規定. p. 1-9. 本文PDF

和中幹雄. 「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性 (1) 「転 記の原則」をめぐって. p. 10-30. 本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

古川肇. 体現形・個別資料に対する典拠形アクセスポイントはなぜ必要か. p. 31-34. 本文PDF

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

No. 60 (2011.3)

<論文>

古川肇. RDAの評価. p. 1-9. 本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

志保田務. 拝啓出版者様タイトルページ等における書誌情報は、分かりよく表現して いただけないでしょうか : 記述精密化の流れのほとりに. p. 10-18. (コラム:カタ ロガーのメモ). 本文PDF

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

2010

No.59(2010.12)

<論文>

渡邊隆弘. 「国際目録原則覚書」策定過程の諸論点:草案の変遷から. p. 1-12. 本文PDF

古川肇. 書誌レコードおよび典拠レコードに関する規則の成立 : RDAの完成. p. 13-32. 本文PDF

和中幹雄. FRBRにおける「著作」概念の特徴とNCR改訂の方向性. p. 33-42. 本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

松林正己. LCで閲覧したICCP関係アーカイヴズ史料. p. 43-49. 本文PDF

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

No.58(2010.3)

<論文>

和中幹雄. 「国際目録原則」における「一般原則」について. p. 1-15. 本文PDF

呑海沙織. 昭和初期の私立大学図書館における図書分類法. p.1-15. 本文PDF

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group

 

2009

No.57(2009.9)

<論文> 和中幹雄. 図書館用語bibliographicをめぐって. p. 1-19. 本文PDF

古川肇. 未来の書誌レコードおよび典拠レコードに関する規則 : RDA全体草案の完成. p. 20-35. 本文PDF

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

2008

No.56(2008.12)

<論文>

木越みち. 貴重資料の機関リポジトリ公開時におけるメタデータ基準についての一研 究. p.1-11. 本文PDF

古川肇. 未来のアクセスポイントに関する規則 : 構造の再構築へ. p. 12-22. 本文PDF

<コラム カタロガーのメモ>

古川肇. RDA最終草案の付録における関連表示. p. 23-25. 本文PDF

<広告>

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市情報学専攻 修士課程 入試説明会&シンポジウム / 創造都市研究科都市情報学専攻

<投稿規程等>

投稿規定等 / 『資料組織化研究-e』編集委員会

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group  

 

No.55(2008.11):創刊準備号

<論文>

高鷲忠美, 北克一, 志保田務, 古川肇. 『資料組織化研究-e』準備号. p. 1-4. 本文PDF

<広告>

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市情報学専攻 修士課程 入試説明会&シンポジウム / 創造都市研究科都市情報学専攻

<English Index>

Technical Services / Library Technical Services Study Group

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA